Tag: バッチファイル

目次

関連ページ

参考情報

一般

コメント

  • REMを使う
    REM コメント

文字列を出力する

  • ECHOを使う
    ECHO abc => abc
  • ダブルクォートも出力されてしまう
    ECHO "abc" => "abc"

ファイル名の操作

拡張子なしでバッチファイル自身の名前を取得する

  • %~n0を使う
    echo %~n0

バッチファイルのあるフォルダを実行フォルダとする

  • cd /dと%~dp0を組み合わせる
    cd /d %~dp0

変数

代入

  • SETを使う。=のあとが文字列とみなされるのでスペースを入れてはダメ
    SET A=foo bar
    echo %A%

制御構造

比較

  • IFを使う。
    IF "%A%" == "foo bar" (
       echo a is foo bar
    )
  • 否定はIF NOTを使う
    IF NOT "%A%" == "foo bar" (
       echo a is not foo bar
    )

エラー処理

%errorlevel%で判定する

  • 次のような処理で判定できる。
    @echo off
    call child.bat 0
    echo errorlevel=%errorlevel%
    if %errorlevel% neq 0 goto error
    
    echo "good end"
    exit /b 0
    
    :error
    echo "bad end"
    exit /b 1
    
  • %errorlevel%の判定は拡張機能らしい。"IF ERRORLEVEL 0"といった処理とは異なるので注意!!(大文字で%なし)。

Tips

引数の渡し方

  • %0:バッチファイル名、%1:1番めの引数、%2:2番めの引数、%*:全部の引数。

バッチファイルで改行したい


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 16:48:35