CentOS7

Tag: CentOS7/MySQL

目次

関連ページ

参考情報

どのバージョンを入れるべきか

事前準備

mariadbのアンインストール

  • 以下のコマンドでアンインストール
    yum remove mariadb-libs

MySQL5.7のインストール(新バージョン。MySQL8リリース後)

  • 公式ドキュメントはこちら。MySQL :: A Quick Guide to Using the MySQL Yum Repository
  • MySQL :: Download MySQL Yum Repositoryでnoarch.rpmのファイル名を確認してrpmコマンドを利用してリポジトリ設定ファイルをインストールする。
  • mysql80という名前でもその中にmysql57の設定が含まれている。https://dev.mysql.com/get/に先ほどのファイル名を結合
    sudo rpm -Uvh https://dev.mysql.com/get/mysql80-community-release-el7-1.noarch.rpm
  • そのままだと複数のMySQL 8がインストールされてしまうのでyum-config-managerでリポジトリの無効と有効を切り替える
    sudo yum-config-manager --disable mysql80-community
    sudo yum-config-manager --enable mysql57-community
  • 以下のコマンドで確認するyum repolist all | grep mysql
    yum repolist all | grep mysql
  • 準備が完了したらインストール
    sudo yum install mysql-community-server

MySQL5.7のインストール(旧バージョン)

  • 公式ドキュメントはこちら。MySQL :: A Quick Guide to Using the MySQL Yum Repository
  • MySQL :: Download MySQL Yum Repositoryでnoarch.rpmのファイル名を確認してrpmコマンドを利用してリポジトリ設定ファイルをインストールする。これで/etc/yum.repos.d/mysql-community.repoが作成される。
    sudo rpm -Uvh http://dev.mysql.com/get/mysql57-community-release-el7-9.noarch.rpm
  • その時点の最新版サーバーをインストールする(mysql5.7)
    sudo yum install mysql-community-server
  • mysql-community-libs-compatでmariadb-libsが置き換えられる。mariadb-libsが依存していたpostdbが生きていることを確認。

初期設定

  • MySQL自動起動
    sudo systemctl enable mysqld.service
  • MySQLを起動。
    sudo systemctl start mysqld.service
  • パスワードを設定
    sudo cat /var/log/mysqld.log | grep 'temporary password'  # 初期パスワードを確認
  • 以下のコマンドを実行してパスワードを設定する。
    mysql_secure_installation
  • mysqlに接続して、パスワードプラグインを無効化
    UNINSTALL PLUGIN validate_password
  • パスワードを変更する
    mysqladmin -uroot -pDo_you_love_MySQL57? password
  • 設定を変更する。MySQL5.7を参考に。
  • 再起動
    sudo systemctl restart mysqld

最低限の設定

  • /etc/my.cnfで以下を設定
    [mysqld]
    character-set-server = utf8
    default_password_lifetime = 0
    
    

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-23 (水) 14:30:41