Tag: Homebrew

目次

参考情報

関連ページ

インストールするもの

その他

小物のインストール

  • 以下のコマンドでインストール
    brew install peco rmtrash source-highlight the_silver_searcher tmux

インストール

使用可能なmacOSは?

  • Installation — Homebrewに掲載されている。
  • 基本的にはOS X 10.10移行が推奨。10.5–10.9はベストエフォートで推奨。個別に動く可能性はある。

デフォルトフォルダにインストール

  • Homebrew ― The missing package manager for OS Xに書いてある。
    ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
  • インストール時に/usr/localのパーミッションは、所有者:ユーザー、グループ:admin、アクセス権:775になる。何かほかのソフトが変更した場合これに戻さないといけない(例clamxav)。
  • 2016/05/05(木)デフォルトでGoogle-Analysticsで情報収集するようになった。.zshrc/.basrcに以下を追加して無効化する。
  • brew/Analytics.md at master · Homebrew/brew
    export HOMEBREW_NO_ANALYTICS=1

別のフォルダにインストール

  • 「/usr/local」以外でインストールする。例えば/opt/brewとか/brewとか。
  • homebrew/Installation.md at master · Homebrew/homebrew · GitHubに書いてある。
  • まずフォルダを作成しパーミッションを変更。
    sudo mkdir /opt/brew
    sudo chown sora:staff /opt/brew
    curl -L https://github.com/Homebrew/homebrew/tarball/master | tar xz --strip 1 -C /opt/brew
    
  • あとは/opt/brew/binにパスを通しておく。

全パッケージを再インストール

Homebrew自体のアインインストール

公式の方法は以下のコマンドを実行する

ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/uninstall)"

以下のリンクからたどれるuninstall scriptは動作しなくなっていた(2018/11/11(日)現在)

運用

Homebrew自体の更新

  • updateコマンドはFormulaリストを更新する
    brew update

パッケージのアップグレード

  • upgradeで全パッケージをアップグレードできる(?)
    brew upgrade
  • 古いバージョンの削除は
    brew cleanup

パッケージを探す

  • すべてのパッケージを表示。
    brew search
  • XXXマッチするパッケージを表示
    brew search XXX

パッケージの一覧表示

  • インストール済みのパッケージ一覧
    brew list
  • バージョン番号つきの一覧
    brew list --versions

パッケージをインストール

  • installコマンドを使う
    brew install XXX
  • 特定バージョンをインストールする場合、brew versionsでバージョン確認後、Fomulaディレクトリでcheckoutし、インストールする。

パッケージをアンインストール

  • uninstallコマンドを使う
    brew uninstall XXX

パッケージのバージョンを表示

  • versionsコマンドを使う。
    brew versions

パッケージのインストールオプションを表示

  • infoコマンドを使う
    brew info emacs
  • もしくはoptions
    brew options emacs

インストールログを確認

  • /Library/Logs/Homebrew以下にログが出力される。

サービスに関して

トラブルシューティング

brew doctorのエラーを解決

Warning: Some installed formula are missing dependencies

  • 以下のようなメッセージが表示される
    Warning: Some installed formula are missing dependencies.
    You should `brew install` the missing dependencies:
      brew install openssl@1.1
    
  • とりあえず支持されたとおり「 brew install openssl@1.1」を実行。

Warning: You have unlinked kegs in your Cellar

  • 以下のようなメッセージが表示される。
    Warning: You have unlinked kegs in your Cellar
    Leaving kegs unlinked can lead to build-trouble and cause brews that depend on
    those kegs to fail to run properly once built. Run `brew link` on these:
      mysql55
    
  • これも指示通り「brew link mysql55」する。/usr/local/binの下にmysql関連のシンボリックリングがどばっとつくられるのだが…

brew tapしようとしたらgithubのパスワードを聞かれた。

  • たいていリポジトリのスペルを間違えている。正しいかちゃんと確認しよう「homebrew/dupes」とか。

brew tapしたら"Already tapped"といわれた

  • 何か壊れている? "--repair"で修復できるらしい。
    brew tap --repair homebrew/versions

brew updateで「error: Your local changes to the following files would be overwritten by merge」

コンパイルエラーが発生したのでデバッグしたい

  • brew installを実行すると/tmpの下にソースコードが展開されてビルドされる。
  • しかしエラーで失敗すると全て削除されてしまうのでそのままではデバッグできない。
  • debugging a formula and fixing compile errors?によると、"unpack"が使えるらしい。"-p"オプションでパッチの適用。"-g"オプションでgitリポジトリの作成
    brew unpack foo -p
  • またはinstallにdebugオプションをつける
    brew install --debug foo

FAQ

結局パッケージをアップグレードしたい場合どうすれば?

  • 以下のコマンドで良いと思われる。brew updateでbrewの更新とformulaファイルの一覧が最新に更新され、brew upgrade outdateなパッケージが全て最新版になり更新される。
    brew update
    brew upgrade
    

macOSアップグレード後にHomebrewはどうする?

keg-onlyパッケージってなに?

  • デフォルトのOS Xコマンドと重複しているので、/usr/local以下の適切な場所にsymlinkが貼られないパッケージらしい。このリンクを無理矢理作る場合、以下のコマンドを使う。
    brew link aaa --force

ファイルが所属するパッケージを探すには?

outdatedなパッケージを削除するには?

疑問点

  • apache2をport80で稼働させるスマートな方法は?
  • keg-onlyなopensslライブラリを使いたい場合 link -force するとrubyインストール時に使えるが、brew doctorでエラーが表示される。どうやって解決するのか。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-11 (日) 18:29:31 (129d)