&tag(Rails4/現代的な環境構築);
*目次 [#g5f8e623]
#contents
*関連ページ [#n4b2468d]
-[[Rails3/現代的な環境構築]]
*参考情報 [#cf74d071]

*前提 [#q36ea32b]
-[[rbenv]]を使う
-bundlerを使ってvendor/bundle以下にgemをインストールし、ruby環境をできるだけ汚染しないようにする。

*Railsプロジェクトファクトリー [#i391857d]
-Railsプロジェクトを生成するためのファクトリープロジェクトを生成する。
#pre{{
mkdir rails4_factory
cd rails4_factory
vi Gemfile
}}
-Gemfileを編集
#pre{{
source "http://rubygems.org"
gem "rails", "4.0.2"
}}
-bundle installを実行
 bundle install --path vendor/bundle

*Railsプロジェクトの生成 [#l43560a6]
-Railsファクトリフォルダに移動して実行する。"--skip-bundle"を指定してbundle installを実行させないことが重要(vendor/bundle以下にインストールしてくれないので)
#pre{{
cd rails4_factory
bundle exec rails new ~/demo --skip-bundle
}}
-作成したプロジェクトフォルダに移動してbundle install実行し、vendor/bundle以下にインストールする。
#pre{{
cd ~/demo
bundle install --path vendor/bundle
}}


*Tips [#j572346a]
**プロジェクト作成の自動化 [#x4ceafeb]
-[[2014-04-17 - nakaearthの日記:http://d.hatena.ne.jp/nakaearth/20140417]]ができるらしい


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS