#author("2018-02-15T20:20:07+09:00","default:wikiwriter","wikiwriter")
#author("2019-10-05T13:52:04+00:00","default:wikiwriter","wikiwriter")
&tag(SourceTree);
*目次 [#b7dee810]
#contents
*関連ページ [#zc4347a4]
-[[git]]
*参考情報 [#j966f13f]
-[[Free Mercurial and Git Client for Windows and Mac | Atlassian SourceTree:http://www.sourcetreeapp.com/]]

*インストール [#fd03d069]

**ライセンス [#e0500edf]
-無料だけど使い続けるためにはユーザー登録が必要。
**初期設定 [#l0d01248]
-[User Information]
--[Full Nmae] gitで使う名前。
--[Email address] gitで使うemailアドレス。
-[Allow SourceTree to modify your global Git and Mercurial config files] コマンドラインで同じオプションを使う?チェックする?
-[Configure automatic line ending handling by default] 改行コードを自動的に変換。いらね。

*Tips [#ja435b69]

**個別ファイルの変更履歴をみたい [#d607b1bd]
-一番左側のペインでWORKSPACE > File statusを選択。リストボックスでAll filesを選択。=>すべてのファイルが表示される。
-「Log Selected」を選ぶ。
-コミットごとにそのファイルの変更部分が表示される。

**全ファイルを見たい [#j4cd7355]
-「表示 > ファイルステータスビュー」。
-フィルタリストボックスを「すべて表示」に変更。
-選択した対象のログでファイル個別のログも確認可能。
**過去のコミットに戻す [#y54cd849]
-履歴を選びcheckoutを実行すると、detached HEADになると警告される。
-その状態でターミナルから実行すると以下のような表示
 git status
 HEAD detached at SHA1
 nothing to commit, working tree clean
-基本的にはgit checkout masterで元に戻すことができるらしい。
--[[detached HEAD から脱出する方法を git の内部構造から探る - Qiita:https://qiita.com/Kuniwak/items/4e5d55d6888e5f6411fe]]
--[[detached HEAD 状態へのチェックアウトとは | まくまく Git ノート:http://maku77.github.io/git/branch/detached-head.html]]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS