Tag: Ubuntu2004/Apache

目次

関連ページ

参考情報

インストール

  • 以下のコマンドを実行
    sudo apt install apache2

設定

ユーザー設定

  • デフォルトのUser、Groupはwww-dataなのでとりあえずそこはそのまま。

ポート変更

  • ポートの変更。/etc/apache2/ports.confを編集。
    Listen 7777
  • ファイウォールも変更しておくこと。
    ufw allow 7777/tcp

DocumentRootの変更

  • DocumentRootの変更。/etc/apache2/sites-available/000-default.confを編集。
    DocumentRoot /home/sora/public_html
    <Directory /home/sora/public_html>
        Options Indexes FollowSymLinks
        AllowOverride None
        Require all granted
     </Directory>
    

ホスト名をひく

  • /etc/apache2/apache2.confを編集。
    HostnameLookups On

モジュール

  • mod_rewrite
    a2enmod rewrite
  • http_digest
    a2enmod auth_digest

Let's Encrypt

参考情報:

インストール

  • 事前にVirtualHostの設定をすませておくこと。ドメインごとの設定ファイルがあればよいらしいがなくてもいけた(000-default.confでも)
  • cartbotのインストール
    sudo apt install certbot python3-certbot-apache

apacheの設定ファルの確認

  • /etc/apache2/sites-available/000-default.confにバーチャルホストの設定をすませておくこと。
  • certbot実行時にドメインごとに80番にアクセスできることが必要。

証明書の取得

  • 以下のコマンドを実行
    sudo certbot --apache
  • もしくはドメインを指定
    sudo certbot --apache -d aaa.com
  • 実行すると/etc/apache2/sites-available/000-default-le-ssl.confが作成される。
  • リダイレクトを許可すると000-default.confのVirtualHostから000-default-le-ssl.confのVirtualHostへのリダイレクトが作成される。

その他設定

  • SSLの許可
     sudo ufw allow 443
  • 自動更新のタイマーを確認
    sudo systemctl status certbot.timer
  • 自動更新のテスト
    sudo certbot renew --dry-run

証明書の確認

  • 以下のコマンドを実行
    sudo certbot certificates
  • 削除
    sudo certbot revoke --cert-name hoge.com

サブドメインの削除

管理

  • 再起動
    sudo systemctl restart apache2

rbenv環境でPassengerを使う

  • 必要なパッケージを入れる(ビルドが失敗したら何が必要が教えてくれるが)。
    sudo apt install libcurl4-openssl-dev apache2-dev libapr1-dev libaprutil1-dev
  • passengerを入れてpassenger-install-apache2-moduleを実行
    $ gem install passenger
    $ passenger-install-apache2-module
  • インストール後表示される情報をメモ。
       LoadModule passenger_module /home/sora/.rbenv/versions/2.6.6/lib/ruby/gems/2.6.0/gems/passenger-6.0.7/buildout/apache2/mod_passenger.so
       <IfModule mod_passenger.c>
         PassengerRoot /home/sora/.rbenv/versions/2.6.6/lib/ruby/gems/2.6.0/gems/passenger-6.0.7
         PassengerDefaultRuby /home/sora/.rbenv/versions/2.6.6/bin/ruby
       </IfModule>
    
  • さらにこれも必要。
       <VirtualHost *:80>
          ServerName www.yourhost.com
          # !!! Be sure to point DocumentRoot to 'public'!
          DocumentRoot /somewhere/public    
          <Directory /somewhere/public>
             # This relaxes Apache security settings.
             AllowOverride all
             # MultiViews must be turned off.
             Options -MultiViews
          </Directory>
       </VirtualHost>
    
  • httpd.confの一番したにあるIncludeの上に書くのが正解?

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-07-23 (金) 08:44:42