Tag: Ruby1.9/UnitTest

目次

参考情報

テストライブラリ概論

  • Ruby 1.8まではTest::Unitが標準添付でこれが標準。
  • Ruby 1.9からminitestというライブラリにとってかわられ、Test::Unitもminitestで書き直された。
  • 特にこだわりがないならminitestを直接使えばよさそう。

minitest

テストファイルの作成

  • test_foo.rbを作成。
    require 'minitest/unit'
    require 'foo'
    
    MiniTest::Unit.autorun
    
    class TestFoo < MiniTest::Unit::TestCase
      def setup
        @foo = Foo.new
      end
      # teardown はあまり使わない
      def teardown
        @foo = nil
      end
    
      def test_foo
        assert_equal "foo", @foo.foo
      end
    
      def test_bar
        assert_equal "bar", @foo.bar
      end
    end
    

テスト実行

  • 直接スクリプトを実行する
    $ ruby test_foo.rb
  • bundleを使っている場合
    $ bundle exec ruby test_foo.rb

Test::Unit

テストのファイル名

  • test_foo.rbとする。

テストの実装

  • テスト対象クラスをfooとするとき、次のように実装する。
    require 'test/unit'
    require 'foo'
    
    class TC_Foo < Test::Unit::TestCase
      def setup
        @obj = Foo.new
      end
    
      # def teardown
      # end
    
      def test_foo
        assert_equal("foo", @obj.foo)
      end
      def test_bar
        assert_equal("bar", @obj.bar)
      end
    end
    

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 16:48:03