Tag: DB2/運用

目次

参考情報

コマンド

SQLの実行

  • Windows環境の場合
    db2cmd db2 -tvf sample.sql
  • Linux環境の場合
    db2 -tvf sample.sql

データベース操作

生成

UTF-8のデータベースを生成する

  • db2コマンドを使う
    $ db2 create database testdb using codeset UTF-8 territory jp collate using identity

カタログ

リモートデータベースのカタログ

別のマシンのdb2を利用するためには、データベースをカタログする必要がある。以下では、devというマシンにdevnというノード名をつけ、dev上のデータベース utf8を参照可能に設定している。

 D:\>db2cmd db2 catalog tcpip node devn remote dev server 50000;
 D:\>db2cmd db2 catalog db utf8 at node devn;

ローカルデータベースの再カタログ

DB2をバージョンアップした場合ローカルに存在するデータベースを再カタログすればそのまま使うことができる。C:\DB2\NODE0000の下にデータベースフォルダが存在するのでその名前を使えば良い。

db2cmd db2 catalog database sampledb

フォルダ指定は特になくても大丈夫だった

テーブル操作

列を追加する

ALTER TABLEを使う

ALTER TABLE テーブル名 ADD COLUMN 列の定義

Integer型の列を追加する場合

ALTER TABLE person ADD COLUMN age Integer

テーブル一覧を表示する

list tables

テーブル定義を表示する

describe table <テーブル名>

インポート/エクスポート

データをCSVにエクスポートする

  • 以下のようなSQLファイルを"export.sql"として準備する。
    connect to sampledb
    export to ./books.dat of del modified by codepage=1208 select * from books;
    terminate;
  • db2コマンドで実行
    db2 -tvf export.sql

設定変更

レジストリ変数を表示する

Windowsでは次のように実行する

db2cmd db2set -all

クライアント環境のコードページを指定する

UTF-8のCSVファイルデータをインポートするときに、コードページを指定しないとエラーになることがある(特にWindows環境)。そのような場合クライアントのコードページ(文字コード)を指定する。

UTF-8を設定する場合次のように実行する(UAC環境では管理者権限で実行)。

db2cmd db2set DB2CODEPAGE=1208

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 16:47:28