Tag: Lion

目次

参考情報

新機能

リカバリー機能

MissionControl

操作スペース間でウィンドウを移動させる

Shortcut to move windows between Mission Control spaces? - Apple - Stack Exchange

  1. ウィンドウをドラッグして画面の端にもっていく。
  2. ウィンドウをドラッグ中にCTR+→/CTRL+←で操作スペースを切り替える。
  3. SizeUpなどサードパーティ製ソフトを使う。

アップグレードに関して

基本

  • Mac App Storeで購入したら所有する自分の複数のMacでアップグレードできる。
  • 自作した起動ディスクをいれたままアップグレードしたら再起動1発目で固まった(しかたなくBootCampで起動して抜いた)ので余計なディスクは入れずに実行したほうがよいかも。
  • BootCamp領域はあっても問題ない。Lionになっても無事起動できた。

起動ディスクの作成方法

  • AppStoreアプリでインストールボタンを押す。
  • ダウンロードが完了すると、[Mac OS Xインストール]というウィンドウが表示されるので、"続ける"を実行する前に以下の処理を行う。そうしないとインストーラーが削除されてしまうので注意。
  • Finderでアプリケーションフォルダを開き、[Mac OS X Lion インストール]を右クリック→パッケージの内容を表示。
  • SharedSupport というフォルダーの中にある InstallESD.dmg を適当なフォルダにコピー。
  • ディスクユーティリティを起動して、ディスクを作成をクリック。
  • InstallESD.dmgを指定し、空のDVDメディアを挿入して作成する。DVDメディアの容量は4.7GBのもので大丈夫らしい。

※注意点

設定

マウスのスクロール方向の修正

  • デフォルトでホイールを下に回すと、ビューが上にスクロールする。
  • [システム環境設定]→[スクロールまたは移動するときに、コンテンツを指を動かした方向に移動させる]のチェックを外すと元に戻る(SnowLeopardと同様)。

トラックパッドのスクロール方向の修正

  • デフォルトで二本指ドラッグを下方向にすると、ビューが上にスクロールする。
  • [システム環境設定]→[トラックパッド]→[スクロールとズーム]タブ→[スクロールの方向: ナチュラル]のチェックを外すと元に戻る(SnowLeopardと同様)。

FinderにHDDのルートを表示

  • [Finder]メニュー[環境設定]→[サイドバー]タブで、デバイスの中にあるハードディスクにチェックを入れる。

メニューバーに表示される自分の名前を消す

  • [システム環境設定]→[ユーザとグループ]→(左側ペインの)[ログインオプション]→左下の鍵アイコンクリック→[ファーストスイッチメニューを表示]のチェックを外す。

入力ソースを変更する

  • [環境設定]→[言語とテキスト]→[入力ソース]で必要なものだけにチェックする。
  • なぜかことえりのチェックを外すと他のチェックがグレーアウトするので、変更するときは一旦ことえりにチェックをいれる。

スリープモードを変更する

  • デフォルトだとHDD書き込み+スリープ。スリープだけで運用するには次のコマンドを実行。
    sudo pmset -a hibernatemode 0

他のMacのフォルダを常にマウントする

方法1)/etc/auto_masterを編集する

一応これでもできるらしいがフォルダから見えないないという弱点がある。さらにパスワードを平文でかかないといけないという欠点も。

方法2)AppleScriptでマウントする

  • 以下のようなAppleScriptを作ればマウントできるらしい。tanaka=ユーザー名、othermac=他のMacの名前、test=マウントするフォルダ。
    tell application "Finder"
    	delay 1
    	activate
    	mount volume "afp://tanaka@othermac/test"
    end tell
    
  • パスワードはキーチェインからもってきてくれるのでこの方が安全か。AppleScriptEditorでアプリケーション形式で保存し、ランチャーなどに登録しておけば一発で実行できる。

メール

smtpサーバーなしでアカウント追加

  • 開発用のサーバーなどでsmtpサーバーを設定せずimapなどで読み込みだけしたい場合。
  • smtpサーバーの追加で、pop/imapサーバーと同じアドレスを指定し、[続ける]を押す。接続確認を開始したら[キャンセル]を押す(続けるを押さないままキャンセルするとアカウント自体が追加されないので注意)。

ターミナル

タブを非表示にする

  • 表示→タブバーを隠すを実行。タブが1つしかない場合は非表示にできる。

ssh

公開鍵認証だけでログインできるようにする

  • /etc/sshd_configを編集。次の行を有効にする感じで。
    SyslogFacility AUTHPRIV
    PermitRootLogin no 
    PasswordAuthentication no
    PermitEmptyPasswords no
    UsePAM no
    

sshdを再起動する

SMB

以下の設定をしてもまともに動かせなかった。samba3をいれたほうがいいかも。

WindowsからMacのフォルダを共有する

Mac側の設定

  • sambaじゃなくSMBと呼ばれる実装になったので注意。
  • システム環境設定→共有→ファイル共有→オプションと進む。SMBを仕様してファイルやフォルダを共有にチェックを入れる。
  • Finderでフォルダを選び、共有フォルダにチェックを入れる。

Windows側の設定

  • NetBIOS over TCP/IPを有効にしないと再接続が不安定になる?
  • ネットワークと共有センター→ローカルエリア接続→プロパティ→インターネットプロトコルバージョン4をクリック→詳細設定→WINSタブを選択→NetBIOS over TCP/IPを有効にするにチェック。

Samba3

トラブルシューティング

ネットワークパスが見つかりませんといわれる

  • 特定のPCから接続するときだけ「ネットワークパスが見つかりません」というエラーが発生。
  • 原因は/etc/hosts。ホスト名として、foo.test.comだけ登録していて、fooを登録していないのが原因だった。
  • Samba…この辺と関係あり?

Redmine

rvmを使ってRedmine1.3をインストール

  • redmineディレクトリは既に存在。apacheはmacports版を使う。
  • rvmを準備。
    $ rvm install ruby-1.8.7-p358   
    $ rvm use 1.8.7-p358  
    $ rvm gemset create redmine
    $ rvm use 1.8.7-p358@redmine
    
  • gemのインストール
    $ gem install sqlite3-ruby --version=1.2.5
    $ gem install rake
    $ gem install -v=0.4.2 i18n
    $ gem install passenger
    $ passenger-install-apache2-module
    
  • passenger-install-apache2-moduleの最後に表示された設定をhttpd.confにはりつける。
  • redmineディレクトリのパーミッションは_www._wwwにする(ruby script/server -e productionで動かすときは、foo.staffにしておくこと)。

cron

crontab -e が反映しない

cronが実行できない

  • symbolic linkが正しくおえないのが原因か。絶対パスではりなおしたらいけた。

FAQ

ExposeやSpacesがありません

  • Mission Controlに統合されました。

PCKeyboardHackが動かない!!

  • KeyRemap4MacBookによるとLionのソースコードが公開されたのでまもなく対応されるみたいです(2011/07/23(土)現在)。→Lion対応版(7.0.0)がでています。ありがたや(2011/08/02(火)現在)。

WinCloneが動かない!!

gcc-4.2問題

トラブルシューティング

sudo しようとすると"unknown uid: 501"といわれる

  • Re: port upgrade outdated from 2.0.2 to 2.0.3 messed up user databaseによると、Mac OS XはDirectory Serviceからユーザー情報を取得している。それがクラッシュしたせいで表示される?
    OSX hasn't put actual users (as opposed to subsystem accounts) in
    /etc/passwd since at least Tiger.  Instead, they go into Directory Services
    (NetInfo in Tiger), and it sounds like in this case the Directory Services
    daemon crashed or got stuck and you had to wait for launchd to notice and
    restart it.
    
  • Homepage: OS X Lion 10.7.3 says "You don't exist, go away!" on sshによると/usr/sbin/securitydを再起動すると解決したらしい。
    bash-3.2# ps -ef|grep securityd
       0  43   1  0 18Feb12 ??   0:10.89 /usr/sbin/securityd -i
    bash-3.2# kill -9 43
    bash-3.2# /usr/sbin/securityd -i &
    

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 16:46:11 (1010d)