Tag: さくらのVPS

目次

参考情報

制限

ネットワーク転送量:

公式には制限なし。2ch情報によると80GB(ギガバイト)/日ぐらいはいけるらしい。ただし80GB/日の場合7.4Mbps相当になりディスクI/Oの規制にひっかかる可能性ありとか。

80Gバイト/日640Gビット/日640000メガビット/日7.40メガビット/秒(mbps)
80Gビット/日80000メガビット/日0.92メガビット/秒(mbps)

ディスクI/O

ディスクアクセスが激しすぎると、IOPS制限がかかる。1MB/secを超える負荷が30分ぐらい?続くとまずいらしい。

ディスクI/Oはコントロールパネルで直接確認可能。

CPU使用率

CPUを使用した時間らしい。

  • 2コアの場合2000msecが限界
  • 3コアの場合3000msecが限界。

その1/10ぐらいが望ましい?

設定

セキュリティ設定

独自ドメインを設定する

参考情報

さくら側での設定

  • 会員メニューにログイン。
  • 「契約情報 > ドメインメニュー」へ。
  • 「ネームサーバ新規登録」で登録したいドメイン名を入力し「送信する」をクリック。
  • ドメイン一覧から選択し、ゾーン編集でVPSのIPアドレスを入力。送信するをクリック。
  • この段階で、「会員メニュー > ドメイン > 管理ドメインとネームサーバーの一覧」にドメインが表示される。

バリュードメイン側の設定

  • 会員メニューにログイン。
  • ドメインを選択し、ネームサーバーにns1.dns.ne.jpとns2.dns.ne.jpを。

逆引き設定

トラブルシューティング

カーネルをバージョンアップしたら起動しなくなった

ひとつ前のカーネルで起動するかどうか確認

  • シリアルコンソールを起動。
  • カーネルパニックが発生している場合、Escapeキーでgrubのメニューが表示できる場合がある。
  • grubのメニューが表示できない場合、「Escape character is ^]」で「Enter」を押し、「Press any key to enter the menu」が表示されたら再度「Enter」を押す。これで古いカーネルを選択して起動する。

grub.confの編集

  • 古いカーネルを使い続ける場合、grub.confを編集し「default=0」を適当に変更する。
  • 新しいカーネルを使いたい場合、grub.confの起動パラメータがおかしくなっていないかなどの調査を行う。
    • CentOS 6.7にバージョンアップした場合、centOS6.7でカーネルパニック!と同様の事象が発生した。
    • grub.confにinitrdの指定がなく(そもそもinitramfs-xxxが存在しなかった)ため、「yum reinstall kernel」を実行。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-16 (木) 13:32:03 (6d)