Tag: Ansible/CentOSゲストを管理

目次

関連ページ

参考情報

VMware FusionのCentOS 6ゲストを管理する

概要

  • Vagrantを使わず直接管理する。
  • セットアップ済み環境を準備しておき、スナップショットを保存して使う。
  • 外部から行わず内部から実行する。

CentOS 6ゲストの準備

  • メモリ4GB、ストレージデフォルト、CPU4個で生成。ネットワークはブリッジ。
  • ネットワークは固定。
  • インストールオプションはDesktop
  • 以下インストール後の設定
  • VMware Toolsをインストール。
  • 共有フォルダを有効化しておく。
  • hostsファイルにホスト名を追加しておく。
  • 自動ログイン可能に。/etc/gdm/custom.confを編集。
    [daemon] 
    TimedLoginEnable=true
    TimedLogin=sora
    TimedLoginDelay=3
    
  • sudoers編集。
  • 「システム > 設定 > スクリーンセーバー」でスクリーンセーバーを起動しないようにする。
  • 日本語フォルダ名を止める
    LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update
  • sshで接続可能とする。authorized_keysにホスト側公開鍵をコピーし、ホスト側から公開鍵認証でログインできることを確認。
    mkdir .ssh
    chmod 700 .ssh
    touch .ssh/authorized_keys
    chmod 600 .ssh/authorized_keys
    
  • authorized_keysに公開鍵の情報を貼り付ける。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 16:46:29 (1107d)