Tag: VMwareFusion

目次

関連ページ

参考情報

設定

ゲストOSでctrl-shift-rが効かない

クリップボードの共有を無効化する

  • クリップボードを有効にしているとGUIがクラッシュする場合、この問題を避けるためにはクリップボードを無効化するしかないかもしれない。
  • 環境設定の分離で設定できる。

Tips

ゲストマシンを直接再起動する

  • リジュームして終了したあと、直接再起動したい場合、Optionキーを押しながら「仮想マシン」メニューを選ぶと再起動が可能。

アンインストールする

  • VMware Fusion の手動アンインストール (2075794) | VMware KBによると、VMware Fusion 4以降アンインストーラーが存在しないので、ファイルを手動アンインストールする必要がある。
  • 以下をuninstall.shと保存して「./uninstall.sh」で実行する。
    #!/bin/sh
    sudo /bin/rm -rf "/Applications/VMware Fusion.app"
    sudo /bin/rm -rf "/Library/Application Support/VMware"
    sudo /bin/rm -rf "/Library/Application Support/VMware Fusion"
    sudo /bin/rm -rf "/Library/Preferences/VMware Fusion"
    /bin/rm -rf "~/Library/Application Support/VMware Fusion"
    /bin/rm -rf "~/Library/Caches/com.vmware.fusion"
    /bin/rm -rf "~/Library/Preferences/VMware Fusion"
    /bin/rm -rf "~/Library/Preferences/com.vmware.fusion.LSSharedFileList.plist"
    /bin/rm -rf "~/Library/Preferences/com.vmware.fusion.LSSharedFileList.plist.lockfile"
    /bin/rm -rf "~/Library/Preferences/com.vmware.fusion.plist"
    /bin/rm -rf "~/Library/Preferences/com.vmware.fusion.plist.lockfile"
    /bin/rm -rf "~/Library/Preferences/com.vmware.fusionDaemon.plist"
    /bin/rm -rf "~/Library/Preferences/com.vmware.fusionDaemon.plist.lockfile"
    /bin/rm -rf "~/Library/Preferences/com.vmware.fusionStartMenu.plist"
    /bin/rm -rf "~/Library/Preferences/com.vmware.fusionStartMenu.plist.lockfile"
    

スナップショットの容量を節約する。

  • スナップショットAからスナップショットBとスナップショットCを作成したとき、スナップショットAを削除すると容量が激増してしまう?
  • 差分管理しているはずなので共通の親を削除するとまずい。

トラブルシューティング

Windowsゲスト

エクスプローラーで複数選択ができない

  • 「環境設定 > キーボードとマウス > マウスショートカット」で、副ボタンのチェックを外す

かなキーで日本語入力ができない(Windowsゲスト)

  • 「環境設定 > キーボードとマウス > Macホストショートカット」で、Mac OS ホストキーボードショートカットを有効化にチェックがはいっていないとだめっぽい。

フルスクリーンでゲストWindowsの解像度が変わらない

  • VMware Fusionのオプションでディスプレイを選択。
  • フルスクリーンのオプションを変更。「画面に合わせて仮想マシンをリサイズします」にする。
  • 「画面で仮想マシンを拡大します」は解像度そのままで拡大表示。

画像がぼやける

  • Retinaマシンの場合、Retinaディスプレイ適用解像度にするとHiDPI表示になる。UIの自動調整がきくものはいいのだがきかないものは辛い(GoogleIMEの設定ダイアログとか)。
  • その場合Retina解像度は使ないようにするしかない。Windows内の設定が100%になっていることを確認する(125%等だとずれる)。

Windows 10ゲストでホスト側の共有フォルダにアクセスできない

Macゲスト

基礎設定

  • VMの設定:
    • CPU、メモリの量を調節。
    • ネットワークをブリッジに変更。
  • OS Xでの設定:
    • IPアドレスを手入力に。
    • 共有でコンピューター名を変更。

英語キーボードとして認識されてしまう

英数キーがきかない

  • 対象: VMware Fusion 7
  • えんえんと続いているバグ?かなはきく、英数はきかない、Caps Lockがおかしくなる。
  • しかたないのでCommand + Spaceできりかえるしかないかも。

ホスト側の共有フォルダにアクセスできない

  • VMwareの共有機能でフォルダを共有しているのにFinderに表示されない。

一般

ネットワーク接続できない

  • VMWare Toolsを再インストールする。
  • Mac自体を再起動する。Bridgeだけ接続できなくHost onlyにすると接続できるので設定的な問題かと思ったが違う。ゲストだけ再起動してもだめでホスト側の再起動が必要だった。
  • Finderの環境設定のサイドバーでデバイス > ホスト名にチェックをいれ、Finderからホスト名にアクセスするとその中にVMware Shared Foldersというフォルダが存在するはず。Terminalからも確認できるはず。

フルスクリーンでMacのメニューバーが残る

  • Macでマルチモニターをしようし個別にワークスペースを使用しない設定で発生。
  • Command + Tabでフォーカスを移動して戻すか、Command + Shift + Mで消すしかないかも?

「内部エラー」が発生する

  • VMware Fusion 8.5.6をインストールしたところ、どのゲストマシンを起動しようとしても「内部エラー」が発生する。リジュームじゃなくて強制再起動でも「内部エラー」のまま。
  • VMware Fusion の手動アンインストール (2075794) | VMware KBに従って、手動アンインストールしたあと8.5.6をインストールしてもだめ。8.5.5をインストールしてもだめ。
  • 他のMacでためしたところ、dmg内のアイコンをダブルクリックした後、インストール用のダイアログが表示されない(アップグレードの場合vmwareが実行される)が表示されないことに気がついた。
  • 管理用ユーザーを別途追加し、そのユーザーでVMware Fusionをインストールすると、正常にダイアログが表示されインストール成功。その後もとのユーザーに戻ってゲストOSを起動できるようになった。
  • しかしインストール成功後ももとのユーザーだと相変わらずインストールできない。そのときのsystem.logは
    Service exited due to signal: Killed: 9 sent by bash
    Could not find and/or execute program specified by service: 2: No such file or directory: 長いパス/d/VMware Fusion.app/Contents/MacOS/VMware Fusion
    
  • いろいろしらべているうちに、dmgファイルのVMware Fusion.appを直接アプリケーションフォルダにコピーすると起動できることに気がついた。
  • また以下のように拡張属性を削除すると起動できる模様
    sudo xattr -r -d com.apple.quarantine /Applications/VMware\ Fusion.app
    
  • 失敗するときに/Applications/VMware Fusion.appが、AppTranslationパスで変換されている。GateKeeper関連の不具合か?webからダウンロードしたappファイルの絶対パスがバグる(AppTranslocation) | 公式 Apple サポートコミュニティ
  • そもそもGateKeeperでダウンロードしたときにダイアログが表示されていないことに気がついた。GateKeeperのセキュリティ設定をApp Storeだけに変更しても外部アプリが警告なしで実行されてしまう。
  • webからダウンロードしたappファイルの絶対パスがバグる(AppTranslocation) | 公式 Apple サポートコミュニティを参考にし、LSQuarantineをtrueに戻してみたところうまくいくようになった!
    defaults write com.apple.LaunchServices LSQuarantine -bool true
    
  • 「defaults write com.apple.LaunchServices LSQuarantine -bool false」の場合、GateKeeperの設定いかんにかかわらずアプリが実行できるがAppTranslocationが有効になってしまい、そのせいでVMware Fusionが実行できないのかも。

ディスクのアクセスが止まらない

  • 外付けHDDに保存した仮想マシンを起動すると発生。同じ外付けHDDの仮想マシンファイルを別のディスクにコピーしようとするとまる二日かかると表示されるほど遅くなった。
  • VMwareのアプリをシャットダウンしていても、確認するとvmware-vmxというプロセスのIO使用率が高かった。再起動してとりあえず解決。発生理由や根本的な解決方法は不明。

Unable to create the installation media

  • macOS Mojaveインストール.appから仮想マシンをインストールしようとして表示された。
  • VMware Fusion “Unable to create the installation media” | @sskajeによると、ディスクイメージがマウントされているのが原因らしくhdiutil eject /dev/disk2のような操作でいけるらしい。もしくは再起動。

スナップショットを削除しても容量が戻らない

  • 仮想マシンのハードディスク設定を確認すると「仮想ディスク-000002.vmdk」が設定されている状態(通常、仮想ディスク.vmdkのはず)。
  • 「一般 > 仮想マシンのクリーンアップ」を実行すると、容量が半分ぐらいになって「仮想ディスク.vmdk」に戻った。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-24 (木) 14:41:04 (56d)