Tag: rbenv

目次

参考情報

インストール

  • ホームディレクトリでgit clone
    $ cd
    $ git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
    
  • rcファイルを編集(.zshrcとか)
    export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"
    eval "$(rbenv init -)"
    
  • ruby-buildをインストール。
    git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build
  • rbenv rehashを自動化
    git clone https://github.com/sstephenson/rbenv-gem-rehash.git ~/.rbenv/plugins/rbenv-gem-rehash
  • rbenv updateを実行可能に
    git clone https://github.com/rkh/rbenv-update.git ~/.rbenv/plugins/rbenv-update
  • rubyインストール時にbunlderも同時にインストール可能にする。
    git clone https://github.com/sstephenson/rbenv-default-gems.git ~/.rbenv/plugins/rbenv-default-gems
    • "~/.rbenv/default-gems"を開き、bundlerを追加
      echo bundler > ~/.rbenv/default-gems

使用方法

rbenv自体を更新

  • gitでダウンロードいた場合以下のコマンドで更新できる。
    $ cd ~/.rbenv
    $ git pull
    $ cd ~/.rbenv/plugins/ruby-build
    $ git pull
    

インストール可能なバージョンを取得

  • 以下のコマンドを実行
    rbenv install --list

インストール済みのバージョンを取得

  • 以下のコマンドを実行
    rbenv versions

rubyのインストール(MacPorts)

  • opensslや、readlineが必要かも。MacPortsは以下のようにしてインストールする。
    $ sudo port install openssl
    $ sudo port install readline
    $ RUBY_CONFIGURE_OPTS="--with-openssl-dir=/opt/local --with-readline-dir=/opt/local" rbenv install 1.9.3-p429
    $ sudo rbenv rehash
    

rubyのインストール(Homebrew)

$ brew install openssl readline
$ RUBY_CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=$(brew --prefix readline) --with-openssl-dir=$(brew --prefix openssl)" rbenv install 1.9.3-p429
$ rbenv rehash

rubyのインストール(CentOS6)

  • 必要なライブラリのインストール。
    yum -y install git zlib zlib-devel readline readline-devel openssl openssl-devel curl curl-devel
  • mysql5.5を使う場合は以下も実行
    yum -y --enablerepo=remi install mysql-devel
  • postgresqlを使う場合は以下も実行
    yum -y install postgresql-devel
  • sqliteを使う場合は以下も実行
    yum -y install sqlite-devel
  • rmagickをインストールする場合
    yum -y install ImageMagick-devel

rubyのインストール(Debian)

  • 必要なライブラリのインストール。Home · rbenv/ruby-build Wiki
    sudo apt-get install autoconf bison build-essential libssl-dev libyaml-dev libreadline6-dev zlib1g-dev libncurses5-dev libffi-dev libgdbm3 libgdbm-dev

rubyのアンインストール

  • rbenv uninstallコマンドで削除できる
    rbenv uninstall 1.9.3-p392

globalなrubyのバージョンを指定

  • 確認。systemはシステム標準。
    rbenv global
  • rbenv
  • rbenvでインストールした、1.9.3-p392を使う。
    rbenv global 1.9.3-p392

プロジェクトごとのrubyを指定。

  • フォルダの中に、.ruby-versionを作り、そこに、2.0.0-p0と書く。

rubyの切り替え

rbenv global <バージョン>デフォルトで使うRubyの切り替え
rbenv local <バージョン>特定ディレクトリ以下のrubyのバージョン指定となる
rbenv shell <バージョン>一時的に切り替えたいとき

shell > local > globalの順に優先される。

shebangから使用する

Passengerのインストール

  • MacPorts/Homebrew/CentOSなどほぼ同様。
  • 使用するrubyに切り替えておく。
  • gemでinstall
    gem install passenger
  • passenger-install-apache2-moduleを実行
    passenger-install-apache2-module
  • 最後に表示されるLoadModule, PassengerRoot, PassengerRubyの3行をhttpd.conf2貼り付ける。

トラブルシューティング

CentOS 6.7でRuby 1.8.7がインストールできない

  • openssl関連でエラーがでる。
    rbenv install --patch 1.8.7-p375 < <(curl -sSL https://gist.githubusercontent.com/src256/552c6474fbae80358829/raw/0235199a77e84eafc1a51a69c9b8aa333e41cc25/install-patched-ruby-1.8.7-p375.sh)
    

CentOS 6.10でRuby 1.9.3がインストールできない。

  • 「warning: implicit declaration of function 'EC_GF2m_simple_method'」というエラーが発生。
  • https://qiita.com/kakipo/items/482b32b0c2ec0f9d113c の内容をコピペしてpatch.diffを作成。以下のコマンドでインストールする。
    cat patch.diff | rbenv install --patch 1.9.3-p194
    

CentOSでruby 2.2.0がインストールできない

tmuxと同時に使うとうまく動かない

2.1.1がインストールできない

  • 技術検索パン屋!によると
  • homebrewの場合
    RUBY_CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=$(brew --prefix readline) --with-openssl-dir=$(brew --prefix openssl)" rbenv install --patch 2.1.1 < <(curl -sSL 'https://projects.archlinux.org/svntogit/packages.git/plain/ruby/trunk/0001-Fix-undeclared-identifier-error-by-using-the-actual-.patch?id=d54cc2645013754f6a303075eb22df1eecb7676a')
  • macportsの場合。
    RUBY_CONFIGURE_OPTS="--with-openssl-dir=/opt/local --with-readline-dir=/opt/local" rbenv install --patch 2.1.1 < <(curl -sSL 'https://projects.archlinux.org/svntogit/packages.git/plain/ruby/trunk/0001-Fix-undeclared-identifier-error-by-using-the-actual-.patch?id=d54cc2645013754f6a303075eb22df1eecb7676a')
  • File to patch:と聞かれるので、ext/readline/readline.cを選択。

CentOS 5.11でRuby 2.1.5がインストールできない

  • ruby-buildがうまく動かない?ファイルをダウンロードした直後に以下の表示が…。ただしその後そのままインストールは最後までいく。
    BUILD FAILED (CentOS release 5.11 (Final) using ruby-build 20141222)
  • ruby-buildスクリプトを以下のように変更したらうまくいった?
    #      local openssl="$(command -v "$(brew --prefix openssl 2>/dev/null)"/bin/openssl openssl | hea\
    d -1)"
          local openssl="/usr/bin/openssl"
    

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-31 (金) 15:07:55 (204d)