Tag: CentOS5 外部リポジトリの追加 epel remi rpmforge

目次

参考情報

yum-priorities

  • リポジトリを優先度に従って使ってくれる。インストールする。
    yum -y install yum-priorities
  • 基本リポジトリは、/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo 。
  • PackageManagement/Yum/Priorities - CentOS Wikiによると、次のように設定するのがお勧めらしい。
    [base], [addons], [updates], [extras] ... priority=1
    [centosplus] priority=1 (same priority as base and updates) but should be left disabled
    [contrib] ... priority=2
    Third Party Repos ... priority=N  (where N is > 10 and based on your preference)
    

EPEL

参考情報

  • エンタープライズ用途のパッケージが提供されている。
  • EPEL - FedoraProject…公式サイト。ここの"How can I use these extra packages"から、"If you are running an EL5 version ,please visit here to get the newest 'epel-release' package for EL5"をたどると、epel-releaseパッケージのURLが判明する。
  • EPEL/ja - FedoraProject…日本語版(情報が古いので公式をみたほうがよい)。
  • CentOS 外部レポジトリの追加(EPEL)

インストール

  • 64bit版の場合。
    # rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/5/x86_64/epel-release-5-4.noarch.rpm
  • 32bit版の場合。
    # rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm

設定

  • デフォルトでenabled=1なのでそのまま。

Remi

参考情報

インストール

  • 32bit/64bit共通
    # rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm

設定

  • デフォルトでenabled=0なのでそのまま。priority=1を追加(これがないとmysql5.5がインストールできない)。

rpmforge

参考情報

インストール

  • 32bit版の場合
    # rpm -ivh http://packages.sw.be/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.i386.rpm
  • 64bit版の場合
    # rpm -ivh http://packages.sw.be/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.x86_64.rpm

※リンクは辿れるのに予期せぬエラーが発生した場合、wgetなどで一旦保存した後にインストールするといいらしい。

PGP Keyのインストール

# rpm --import http://apt.sw.be/RPM-GPG-KEY.dag.txt

設定

  • enabled=0に変更しておく。

使用方法

  • enabled=0に設定してあるリポジトリはyumのコマンドラインで明示すれば使うことができる。
    # yum --enablerepo=rpmforge install xxx

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 16:47:04 (1072d)