Tag: DB2 Express-C/10.5をCentOS6にインストール

目次

関連ページ

参考情報

参考情報

本体のインストール

  • v10.5_linuxx64_expc.tar.gzを展開。
  • rootでセットアッププログラムを実行。表示されるlibpam関連のエラーは無視しても問題なさそう。
    # ./db2_install

ユーザーの作成

  • dasadm1ユーザーの作成
    # groupadd -g 201 dasadm1
    # useradd -u 201 -g dasadm1 -d /home/dasusr1 -m dasusr1
    # passwd dasusr1 #いつものやつ
    
  • db2inst1ユーザーの作成
    # groupadd -g 202 db2iadm1
    # useradd -u 202 -g db2iadm1 -G dasadm1 -d /home/db2inst1 -m db2inst1
    # passwd db2inst1
    
  • db2fenc1ユーザーの作成
    # groupadd -g 203 db2fadm1
    # useradd -u 203 -g db2fadm1 -d /home/db2fenc1 -m db2fenc1
    # passwd db2fenc1
    

※dotfiles/tools/db2user.shを作成した。

インスタンスの作成その他

  • インスタンス作成
    # /opt/ibm/db2/V10.5/instance/db2icrt -u db2fenc1 db2inst1
    
  • 謎の操作
    # /opt/ibm/db2/V10.5/instance/dascrt -u dasusr1
    # /opt/ibm/db2/V10.5/cfg/db2ln
    
  • /etc/serviceに追加
    db2c_DB2 3700/tcp
    db2i_DB2 5001/tcp
    db2tcp 50000/tcp
    
  • サービス有効化
    # su - db2inst1
    $ db2set DB2COMM=tcpip
    $ db2 update dbm cfg using SVCENAME db2tcp
    
    
  • 自動起動
    $ db2iauto -on db2
  • db2起動
    $ db2start
  • サンプルDB作成。db2を起動し
    create database sample

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 16:48:27