Tag: Homebrew/mysql

目次

参考情報

5.6のインストール

  • 普通にインストールすると、5.6が入る
    brew install mysql
  • 設定ファイルをコピー。mysql --help | grep my.cnfで表示された場所に置く。/etc/my.cnf /etc/mysql/my.cnf /usr/local/etc/my.cnf ~/.my.cnfだったので、/usr/local/etc/my.cnf にした。
    cp /usr/local/Cellar/mysql/5.6.10/support-files/my-default.cnf /usr/local/etc/my.cnf
  • データベース初期化。
    mysql_install_db --verbose --user=`whoami` --basedir="$(brew --prefix mysql)" --datadir=/usr/local/var/mysql --tmpdir=/tmp

自動起動

  • /usr/local/opt/mysql/homebrew.mxcl.httpd.plistを編集。KeepAliveをfalseにしておく。falseじゃないと、mysql.server start/stop/restartが上手く動かない(PIDファイルがどうのこうのいわれる)。
  • plistを登録する。
    ln -sfv /usr/local/opt/mysql/*.plist ~/Library/LaunchAgents
     launchctl load -w ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.mysql.plist

サーバー起動

  • mysql.serverコマンドで操作できる。
    mysql.server start

rootのパスワード設定

  • mysqladminを使う
    mysqladmin -uroot password

5.5のインストール(homebrew-core)

インストール

  • 2017/01/27(金)現在、coreで複数バージョンのサポートが始まっている模様。
  • 以下のようにすれば過去のバージョンをインストールすることができる(5.5.49がインストールされる)
    brew install mysql@5.5
  • 以下のインストラクションが表示される。
    ==> Caveats
    A "/etc/my.cnf" from another install may interfere with a Homebrew-built
    server starting up correctly.
    
    To connect:
        /usr/local/opt/mysql@5.5/bin/mysql -uroot
    
    To have launchd start mysql@5.5 now and restart at login:
      brew services start mysql@5.5
    Or, if you don't want/need a background service you can just run:
      /usr/local/opt/mysql55/bin/mysql.server start
    ==> Summary
    

my.cnfの作成

  • my.cnfの作成。/usr/locdal/mysql55/bin/mysql --helpによると次の場所からmy.cnfは読み込まれる
    /etc/my.cnf /etc/mysql/my.cnf /usr/local/etc/my.cnf ~/.my.cnf
  • ひな形をコピー
    $ cp /usr/local/Cellar/mysql@5.5/5.5.49/support-files/my-medium.cnf /usr/local/etc/my.cnf
  • 文字コードをUTF-8にするなど修正。
    [client]
    default-character-set=utf8
    [mysqldump]
    default-character-set=utf8
    [mysql]
    default-character-set=utf8
    [mysqld]
    character-set-server=utf8
    

自動起動設定

  • plistをlink
    ln -svf /usr/local/opt/mysql@5.5/*.plist ~/Library/LaunchAgents
  • launchctlに登録
    launchctl load ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.mysql@5.5.plist

その他

  • Homebrew-versionsでは /usr/local/var/mysql55がデータフォルダだったのに対し、core版では /usr/local/var/mysqlがデータフォルダになっている(以下のコマンドで確認できる)。
    mysql -uUSER -p -e 'SHOW VARIABLES WHERE Variable_Name LIKE "%dir"'
  • 一端サービスをunloadしてからフォルダを移動した。
    launchctl unload ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.mysql@5.5.plist
    cd /usr/local/var
    mv mysql mysql.new
    mv mysql55  mysql
  • keg-onlyパッケージなのでlinkするとbrew doctorで警告が表示される。以下のフォルダをPATHに追加しておくと良いかも。
    /usr/local/opt/mysql@5.5/bin
    

5.5.40のインストール(homebrew-versionsを仕様)

インストール

  • 以下のコマンドでインストール。
    brew tap homebrew/versions
    brew install mysql55
  • 以下のインストラクションが表示される。
    A "/etc/my.cnf" from another install may interfere with a Homebrew-built
    server starting up correctly.
    
    To connect:
        mysql -uroot
    
    This formula is keg-only, which means it was not symlinked into /usr/local.
    
    Conflicts with mysql, mariadb, percona-server, mysql-cluster, etc.
    
    Generally there are no consequences of this for you. If you build your
    own software and it requires this formula, you'll need to add to your
    build variables:
    
        LDFLAGS:  -L/usr/local/opt/mysql55/lib
        CPPFLAGS: -I/usr/local/opt/mysql55/include
    
    
    To have launchd start mysql55 at login:
        ln -sfv /usr/local/opt/mysql55/*.plist ~/Library/LaunchAgents
    Then to load mysql55 now:
        launchctl load ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.mysql55.plist
    Or, if you don't want/need launchctl, you can just run:
        mysql.server start
    

my.cnfの作成

  • my.cnfの作成。/usr/locdal/mysql55/bin/mysql --helpによると次の場所からmy.cnfは読み込まれる
    /etc/my.cnf /etc/mysql/my.cnf /usr/local/etc/my.cnf ~/.my.cnf
  • ひな形をコピー
    $ cp /usr/local/Cellar/mysql55/5.5.30/support-files/my-medium.cnf  /usr/local/etc/my.cnf
  • 文字コードをUTF-8にするなど修正。
    [client]
    default-character-set=utf8
    [mysqldump]
    default-character-set=utf8
    [mysql]
    default-character-set=utf8
    [mysqld]
    character-set-server=utf8
    

自動起動(手動)

  • plistをlink
    ln -sfv /usr/local/opt/mysql55/*.plist ~/Library/LaunchAgents
  • launchctlに登録
    launchctl load ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.mysql55.plist

コマンドを使用可能に

  • linkする
    brew link mysql55 --force

パスワードの変更

  • mysqladminで設定しておく
    mysqladmin -uroot password

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-20 (月) 15:02:53