Tag: Rails/運用

目次

関連ページ

参考情報

データベース関連の操作

データベースの生成

指定のデータベースだけを作成する。テーブルは作成されない。この後migrationを実行するかschemaからロードしないといけない。

  • 全てのデータベースを生成
    bundle exec rake db:create:all 
  • 特定環境のデータベースを再生成
    bundle exec rake db:create RAILS_ENV=test
  • RAILS_ENVは前につけてもよい
    RAILS_ENV=production bundle exec rake db:create

データベースの削除

  • 全てのデータベースを削除
     bundle exec rake db:drop
  • 特定環境のデータベースを削除
     bundle exec rake db:drop RAILS_ENV=test

データベース・テーブルの再生成

  • drop、create、schema.rbからの復帰を実行(migrationは無視)
    bundle exec rake db:reset
  • drop、create、migrationの実行
    bundle exec rake db:migrate:reset

マイグレーション

コンソールの起動

  • dbconsoleの起動方法
    bundle exec rails dbconsole
  • 環境指定(test環境の場合)
    bundle exec rails dbconsole test

★以下の操作はSQLite3やMySQLの操作方法と同じ。

サーバー操作

サーバーの起動

  • 指定環境でサーバーを起動する
    bundle exec rails s -e production

テスト

Minitestの実行

RSpecの実行

  • RSpecも参考。
  • テスト全体を実行
    bundle exec rspec
  • 指定ファイルだけ実行
    bundle exec rspec spec/models/book_spec.rb

ログ

ログの出力を抑制する・増やす

  • SQLを出力したい場合、
    config.log_level = :debug
  • SQLを抑制したい場合、
    config.log_level = :info

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-01-08 (金) 15:46:42