Tag: launchctl

目次

参考情報

使用方法

自動起動する

$sudo launchctrl load -w xxx.plist

※Mountain Lion組み込みのApacheは先にとめておくこと。

自動起動を停止する

$sudo launchctl unload -w xxx.plist

一覧表示する

root権限で動作するものは一般ユーザーでは表示されないので注意。

$ sudo launchctrl list

出力の意味

環境変数の設定

設定ファイルの場所による権限の違い

  • osx - How do I run a launchd command as root - Super User
  • 以下の場所にplistファイルを設定することができる(man launchdで確認可能)。
    ~/Library/LaunchAgentsPer-user agents provided by the user.
    /Library/LaunchAgentsPer-user agents provided by the administrator.
    /Library/LaunchDaemonsSystem-wide daemons provided by the administrator.
    /System/Library/LaunchAgentsPer-user agents provided by Mac OS X.
    /System/Library/LaunchDaemonsSystem-wide daemons provided by Mac OS X.
  • LaunchDaemonsに置くもはログインせずとも起動される。/Library以下におくとroot権限で起動。
  • LaunchAgentsに置くのはログイン時に起動される。/Library以下におくとroot権限で起動。
  • /SystemはMac OS Xが使う場所なので管理者は/Library以下を使わないといけないようだ。

Mavericksからの仕様変更

  • Mavericksから"-w"の仕様が変わっている。
     -w       Overrides the Disabled key and sets it to false. In previous versions, this option would modify the configuration file. Now the state of the Disabled key is stored elsewhere on-disk.
    
  • 以前はplistファイルに、Disabledキーを書き込んで有効・無効を切り替えていたのが「どこか別の場所」へ保存することで変更になったようだ。Marvericksからlaunchd.plistの仕様が変わったようだ - renge2009のブログ

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 16:46:27 (1132d)