Tag: Stringer

目次

関連ページ

参考情報

OS Xにインストール

参考情報

事前準備

PostgreSQLのインストール

データベースユーザーとデータベースの生成

  • データベースユーザーの作成。パスワードの入力が求められるので適当に決める。
    sudo -u postgres createuser -D -A -P stringer
  • データベースの生成
    sudo -u postgres createdb -O stringer stringer_live

ユーザーの生成

  • とりあえずパス

Rubyのインストール

  • rbenvで、Ruby 2.0.0以上をインストールしておく。

Stringerのセットアップ

本体の準備

  • git cloneして、bundle installする
    git clone https://github.com/swanson/stringer.git
    cd stringer
    bundle install
    rbenv rehash
    

環境変数の設定

  • 直接設定ファイルに書き込んでも良い。
    echo 'export STRINGER_DATABASE="stringer_live"' >> $HOME/.bash_profile
    echo 'export STRINGER_DATABASE_USERNAME="stringer"' >> $HOME/.bash_profile
    echo 'export STRINGER_DATABASE_PASSWORD="EDIT_ME"' >> $HOME/.bash_profile
    echo 'export RACK_ENV="production"' >> $HOME/.bash_profile
    source ~/.bash_profile
    

マイグレーション

  • テーブルを生成する
    cd $HOME/stringer
    rake db:migrate RACK_ENV=production
    

サーバー起動

  • 以下のコマンドで実行
    bundle exec foreman start

フィード取得

  • crontabなどに登録して実行。とりあえず手動でもOK。
    bundle exec rake fetch_feeds

トラブルシューティング

foremanを起動してアクセスすると「Internal Server Error」

  • プロンプトには 「pry(main)>」と表示される。
  • とりあえずCTRL-Dで次に進んだ。

解析

キーボード処理

  • stries.js.erbで処理されている。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 16:47:59 (1010d)