Tag: Xcode4

目次

参考情報

操作

ショートカットキー

ナビゲーション
SHIFT+CMD+OOpen Quickly。ファイル名やメソッド名で開く。
CTRL+6Function menuにフォーカス。その後関数名タイプで検索できる(eclipseのCTRL-O的な)
CTRL+CMD+↑/CTRL+CMD+↓ソースファイルとヘッダーファイルを入れ替える。
CTRL+CMD+→/CTRL+CMD+←編集場所を進む・戻す。※1
CMD+{/CMD+}タブの切り替え
編集
CMD+/コメントアウト。
CMD+lソースコード編集
デバッグ
CMD+Rビルドして実行。
CMD+.ストップ
^+CMD+YCONTINUE
F6Step Over
F7Step Into
F8Step Out

※1)SizeUpのSpaces Actionとバッティングしているので、SizeUpのこの部分のショートカットを無効にしないとだめ。

ビューの表示方法

Interface Builder用のペインを表示

  • [View]→[Utilities]→[Show Utilities]で表示できる。

エディタで表示中のファイルをナビゲーションペインに表示する

  • [Navigate]→[Reveal in Project Navigator]で表示できる。もしくはCMD-SHIFT-J。

起動時画面を再表示する

  • [Window]→[Welcome to Xcode]でウィンドウを表示し、[Show this window..]に再度チェックを入れる。
  • ちなみにこの設定を行っても、システム環境設定によっては前回のプロジェクトを開いてしまう。
  • システム環境設定→一般→最近使った項目の数→アプリケーションを終了して再度開くときにウィンドウを復元のチェックを外す。

その他の操作

debug/releaseビルドを切り替える

メモリリークを検出する

  • ツールバーのRunボタンを長押しして、Profilleを選べばInstrumentsの動的検出。Analyhzeを選べば静的検出が可能(エラーとおなじところに結果が表示される)。

フレームワークの参照を追加する

  • メイン画面でTARGETを選択し、[Build Phases]を開く。
  • [Link Binary With Libraries]を開くと左下に[+]ボタンがあるのでこのボタンを押して追加する。

Navigatorペインの右側に表示される"M"とか"I"のアイコンって?

設定

ソースファイルの名前・会社名を変更する

Distributionビルドの方法

  • App StoreへのiPhoneアプリの登録手順のまとめ(Xcode4環境) | Facebook
  • Xcode4でiPhoneアプリをiTunes Connectに登録する方法 - えんたつの記録
  • 左側のNavigatorペインでプロジェクトのルートを選択、真ん中のペインで[PROJECT]→[プロジェクト名]を選択、右側のペインの[Configurators]セクションの左下にある[+]アイコンをクリック、Duplicate Release Configurationを実行し、[Distribution]と名前をつける。(…というのは必要なくReleaseでよくなった?)。
    distribution.png
  • DistributionビルドではCode Signの設定をしておく。
  • Runボタンの二個右を長押しし、Edit Schemeを実行。左のペインでArchiveを選択肢、Build ConfigurationでDistributionを選択。
  • IOS Deviceを選択したおく(そうしないとArchiveがグレーアウト状態)。
  • Product→Archiveし、Validate→Distributionの順に実行する。

※コード署名でエラーがでたとき

  • PROJECTとTARGETでCode Signingがただしいか確認。
  • Edit SchemeでArchiveがDistributionになっているか確認。

Deployment Targetの設定

Tips

プロパティ宣言

旧バージョンをダウンロードする

  • Downloadsからダウンロードできる。開発ライセンスが必要。

ファイルの作成場所を指定

  • グループを作っておき、Sho File Inspectorを実行。IdentityでPathの右下のアイコンをクリックしてパスを指定する(Relative to Groupだと勝手に相対パスに変換してくれるみたい)。
  • 以後このグループ以下にファイルをAdd Fileする場合、指定パス以下に作成してくれるようになる。サードパーティライブラリを相対パスで取り込んでいる場合などに便利。

ブックマークを使いたい

  • Xcode4にはブックマークがないらしいので、無効化したブレークポイントを設定しておきブレークポイント一覧からジャンプすると便利。

最終生成物にいれたくないものの管理

  • 例えばドキュメントなんかをプロジェクトにいれるとて最終生成物にコピーされたくないばあい、[Build Phases]の[Copy Bundle Resources]から削除すればよい。

トラブルシューティング

iOSシミュレータはSDKを見つけられませんでした。

  • 次のようなエラーが発生する場合、プロジェクトのビルド設定で[iPhone 3.2 Simulator]など過去のバージョンのSimulatorを起動しようとしていないか確認する。
    simulator_error-1.png

missing Base SDKと表示される。

  • Navigatorでルートを選択→真ん中のペインでPROJECT→プロジェクト名を選択→右側のペインでBuild Settingsタブを選択する。
  • ArchitecturesのBase SDKを選択し、Latest iOSに変更する。

日本語が表示されない

  • 仕様のようです(Version 4.0.2)。

project.pbxprojのXCConfigurationList sectionが変更される。

  • プロジェクトの設定の、Command-line builds use「XXXXXX」を変更すると変わるみたい。
  • バージョン管理ツールにコミットするときはここをそろえておかないとだめかも。

ファイルが急に表示されなくなった。

デバッグしようとするとダイアログが表示される

  • シミュレータが起動する前に、「Developer Toos Accessは、デバッグを続けるために…」というダイアログが表示されパスワードを入力しないと続行できない常況に。
  • osx - Authorize a non-admin developer in Xcode / Mac OS - Stack Overflowのベストアンサーは以下の通りだがこれは管理者権限がないユーザーでXcode動かしているときなので今回は違う。
    sudo dscl . append /Groups/_developer GroupMembership <username>
  • 正解は開発者モードを有効にする(Xcodeの初回起動時に開発者モードにしてなかったのかも)
    DevToolsSecurity -enable

CodeSign error: code signing is required for product type 'Application' in SDK 'iOS 5.1'と表示される。

  • 全然なぞ。Code signingの設定で前設定を一気に変更したらよい?

Code Sign error: Provisioning profile 'XXX' can't be found

タブの挙動が使いづらい

解決1

  • そういうもんだと思ってあきらめるしかないかも。Assistant EditorにOPT+クリックで任意のファイルを表示しておいたほうが便利かもしれない。

解決2

  • Preferences->General->Optional NavigationをUse Separate Tabに変更(ダブルクリックのほうもかえておく)。
  • Navigationからファイルを開くときは常にOPT+CLICKか、ダブルクリックで開く。カレントタブ以外に同じファイルを開いているときはそれをアクティブにするなど一定の便利さがある。最初のタブで編集は常に行い、参照用をそれ以外にしておくとかきめておけばよいかも。
  • SHIFT+CMD+Oで開くときもOPT+RETURNで開けばおなじことに。

なんとなくデバッガの調子がおかしい変数の中身がみれないなど

  • 左上ボタンのEdit SchemeからLLDB→GDBにデバッガ変更してみる。

添付ファイル: filesimulator_error-1.png 784件 [詳細] filedistribution.png 768件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 16:47:21 (1074d)