Tag: VisualStudio2010

目次

参考情報

関連ページ

公式サンプル

Visual C++ 2008 Feature Pack

CustomPages

ツールバーのカスタマイズダイアログに独自のページを追加する。

DesktopAlertDemo

デスクトップにアラート(小さいポップアップウィンドウ)を表示する。

MSMoneyDemo

MSMoney風?

TasksPane

タスクをグループ化して表示。

操作

Eclipseユーザーのための対応表

EclipseVisualStudio意味
CTRL+SHIFT+T(CTR+SHIFT+R)CTRL+,(標準) or CTRL+SHIFT+Y(SonicFileFinder) or ALT+U(DPack)クラスを開く(ファイルを開く)
CTRL+OALT+M(DPack)メンバーを検索
ALT+←CTRL+-履歴を戻る
ALT+→CTRL+SHIFT+-履歴を進む

その他キーバインド

ショートカットメニュー意味
CTRL-D Cデバッグ→ウィンドウ→呼び出し履歴呼び出し履歴(スタックトレース)
CTRL-M M右クリックアウトランの展開
CTRL-I-インクリメンタル検索

自分のキーバインド

できるだけ変更はすくなくする方針でEclipseに近づける。

CTRL+SHIFT+RSonicFileFinder
CTRL+OALT+G(DPack)全メンバーを検索
ALT+←履歴を戻る
ALT+→履歴を進む

C#プロジェクト

usingを追加する

  • 右クリックメニュー→競合の解決
  • もしくは型を入力後、"CTRL+."を押す。こっちのほうが便利

選択範囲をコメントアウト

  • CTRL+K-C, CTRL+K-U

共通設定

ビルド失敗時に古いバージョンを起動しない

  • ツール→オプション→プロジェクトおよびソリューション→ビルド/実行を選択。「実行時に、ビルドまたは配置のエラーが発生したとき」のコンボボックスで「起動しない」を選択する。

警告をエラーとして扱う

  • プロジェクトの設定として行う(オプションでは設定できない?)
  • プロジェクトのプロパティでビルド→警告をエラーとして扱うにチェック。

コードスニペット

コードナビゲーションを強化

  • SonicFileFinder… EclipseのCTRL+SHIFT+T風の機能を強化するアドオン。DPackにも同様の機能があるがこっちのほうが軽い。
  • DPack…クラスを開いたりメンバーにジャンプしたり。

Subversionと連携

ソリューションエクスプローラーと編集中のファイルを同期

  • ツール→オプション→プロジェクトおよびソリューション→全般→アクティブな項目をソリューションエクスプローラーで選択された状態にするにチェック。

CTRL+Wheelスクロールで拡大縮小するのを無効にする。

C#設定

.NET Framework ソースをデバッグする

VC++設定

ヘッダファイルのインクルードパスを設定する

  • [ツール]→[オプション]→[プロジェクトおよびソリューション]→[VC++ディレクトリ]では編集できない?
  • かわりに[表示]→[その他ウィンドウ]→[プロパティマネージャー]で、"Debug | Win32"などとなっているノードを展開し、Microsoft.Cpp.Win32.userをダブルクリックする。この中に"VC++ディレクトリ"があるのでここで設定するとユーザーごとの規定値として扱われるようになるらしい。

ただしこれをやってもうまくデバッグできないときがあるPresentationFramework.pdbが開けない?

Tips

例外で止める

  • [デバッグ]→[例外]で止めたい例外を指定する。例えばNullReferenceExceptionなど。発生箇所で止めることができるようになるので便利。

複数のSource Controlを使う

  • VisualSVNとGit Source Control Providerを両方ともインストールした場合、ツール > オプション > Source Control > プラグインの選択で選ぶことができる。
  • どのSource Controlを使っているかはソリューションファイルに保存されるらしい。
  • 途中できりかえる場合は次のリンクが参考になる? git - Change source control plug-in in Visual Studio - Stack Overflow

トラブルシューティング

VCでバイナリのファイルサイズがやたらでかくなる

アイドル時かつスクリーンオフでCPU使用率が高くなる。

  • VisualStudio2010を起動した状態でモニターがオフになるとCPUが高負荷になる状態が続く。
  • High CPU Usage when idle (monitor turned off)によるとVisual Studio 2010がWPFで作られていることが原因らしい。
  • ツール→オプション→全般で以下のチェックを外して実行してみたらとりあえず再現しなくなった。
option.jpg

CTRL-Vがきかなくなる

設定保存時にやたら時間がかかる

ビルド時にセットアッププロジェクトまでビルドされてしまう

  • ソリューションの構成マネージャで、セットアッププロジェクトのビルドにチェックがはいっていないか確認。チェックが入っていたら外す。

エディットコンティニューできないパターン

  • 次のメッセージが表示されデバッグ中に修正できないパターンがある。
  • コードが実行されているとき、または[1つのプロセスがブレークするとき、他のプロセスもブレークする]のオプションが無効になっているときは、変更が許可されていません。

ソースコードにステップインできない

急にスクロールロックされてしまう

  • カーソルキーを押してもカーソルが動かずエディタがスクロールする(いわゆるスクロールロック)状態になってしまう。
  • Scroll lock bug in Visual Studio 2010 - Stack Overflowにあるのと同じ現象か?
  • とりあえず右CTRLキーを押したらなおった。

単体テスト実行中に例外で止まる

参考になりそうな情報

止まらないようにする方法

  • テストされるコードで例外が発生した場合、テストコード側でcatchしたとしてもそれはユーザーに「ハンドルされていない」と見なされるらしい。
  • そこで、CTRL+ALT+E(デバッグ→例外)で表示されるダイアログで、「ユーザーにハンドルされていないとき」のチェックを外せばとまらなくなる。このチェックは、「ツール > オプション > デバッグ > 全般 > マイコードのみ設定を有効にする」にチェックが入っていないと表示されない。
  • これを外せばいいのだが当然本番コードを実行するときにも影響する(そっちで例外でとまってほしい…)。
  • この仕様を受け入れて、全部のテストを実行するときはリリースモードで実行するのがいいのかも。

添付ファイル: fileoption.jpg 998件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-25 (土) 18:02:04